住まいの安全対策

日常生活には常に危険が潜んでいます。ちょっとしたアイデアと工夫で、その危険を未然に防いでください。

階段室...保護柵などを設置して転落防止
階段は小さなお子様が転落するおそれがあります。一人で遊ばせないようご注意ください。できれば階段の昇り口と降り口には保護柵を設置してください。
階段...階段の周囲は要注意
階段は転んだだけでも重大な事故につながります。特に下記項目に注意をはらってください。
  • ワックスを塗らない
  • マットを敷かない
  • 階下に鏡、ガラスを置かない
  • 手すりのビスの緩みに注意
フローリング床...ワックスをかけすぎないで
フローリングにワックスをかけすぎると滑りやすくなります。ワックスをご使用の場合は、使用上の注意を確認してください。
吊戸棚...角に頭をぶつけないよう
キッチンや洗面所の吊戸棚を低めに設置すると便利な反面、頭をぶつけてしまう恐れがあります。吊戸棚の角や開け放した扉に頭をぶつけないよう、十分ご注意ください。
小屋裏収納...降りてきた梯子に注意
収納の仕方を誤ると、開口部から物が落下してくる可能性があります。また、梯子の着地位置に物を置いたり、お子様が立っていると、降りてきた梯子によって破損や怪我の恐れがあります。ご注意ください。
重い照明器具...落下防止のための天井補強が必要
天井に重量のある照明を取り付ける場合は、木下地のある場所にしっかり固定してください。正確な位置を探すものとして、ホームセンターなどで下地探し道具の購入をおすすめします。3~4kg以下の照明器具を設置する場合は、引掛けシーリングを利用するか、下地のある場所に吊金具をつけて重量を保持してください。重量に対し適宜補強が必要です。(当社コールセンターへご相談ください。)
出窓、窓際...なるべく物を置かないように
出窓や窓際に物を置くと風やはずみで落下して、階下の家族や通行人が怪我をする恐れがあります。出窓や窓枠の上はもちろん、窓辺に置いた家具からの落下にもご注意ください。
壁掛け...市販の石膏ボード用壁掛フックで
カレンダーや額縁などを木下地の無いところに取り付ける場合は、市販の石膏ボード用壁掛フックをご使用ください。細い2~3本のピンで壁面に固定する為、それほど壁を傷めることはありません。
耐震用金具...下地のある位置にしっかりと
耐震用金具は、地震がおきた時家具の転倒を防ぐのに効果的ですが、木下地の無い場所では役に立ちません。下地のある位置を探して、しっかりと固定してください。